単語ノート

英語を学習する上でとても重要なのが英単語を覚えるということですよね。記憶力が無くてなかなか覚えられないと、お悩みの方も多いと思います。

そこで私が実践している英単語を覚える方法を紹介しますね。それは英単語記憶用ノートを作るということです。ノートを作るというと面倒くさい、きれいに作らないといけない、時間の無駄、というイメージをお持ちの方が多いと思います。

ところが、私のやっている方法はそれとは全く違います。まず、ノートを用意します。ノートでなくメモ帳でも構いません。常に携帯するので小さい方が持ち運びやすいかもしれません。私はよくあるB5サイズの大学ノートを使っています。

そして、普段の英語学習の中で、例えばNHKラジオ講座をやっていて自分の知らない単語が出てきたら、その英単語と日本語での意味、場合によっては出てきた文章も一緒にノートに書きます。

きれいに書こうとしてはいけません。殴り書きです。鉛筆でもボールペンでも何でもいいので、そばにあった筆記用具でぎりぎり読める程度のきたなさで書くのです。見やすいように少し大きめの字で書いてください。

カラフルに書こうとしてはいけません。黒だけで書いてください。他人が見たら落書きだと思うくらいに書いてください。1つの単語とその例文を書くのに30秒もかからないはずです。

そして、そのノートをかばんに入れて常に携帯します。電車の中や待ち合わせなど少しでも時間があれば、そのノートを見て英単語を覚えるのです。

知らない単語を目にしたらノートに書く、すきま時間で記憶する。それを繰り返すうちにノートが30ページ、40ページと英単語や例文でいっぱいになります。そして、そのノートに書いてある単語はほとんど覚えることができるはずです。

ただ、中にはどうしても覚えられない単語があると思います。そういう単語がでてきたら、ここで初めて赤ペンを使います。赤でなくても好きな色で構いませんが、とにかく記憶できない単語を色で強調してください。

ノートを見る時には常に、その色のついた単語に目が行くようにするのです。すでに覚えた黒で書かれた単語はもう見る必要はないはずです。

私はすでに80ページあるノート1冊と40ページのノートを半分くらいまで使いました。ノートを見ると単語と例文がびっしり書いてあります。今では、これだけの単語を覚えたのかという満足感があります。いらないノートやメモ帳があれば、すぐにできるのでぜひ試してみてください。ノートを1冊使い切るとさらなる語彙力と達成感が得られますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ