音読

英語上達のための練習方法のひとつ、音読を紹介しましょう。

音読というのはご存知のように、ただテキストや参考書に書いてある英文を声に出して読み上げるだけのことですが、これが非常に効果があるんです。

ただ声に出して読むという行為なのにものすごい威力を持っています。音読によって様々な英語の力を鍛えることができるんです。

まず、文章を読むわけですから読解の練習になりますよね。さらに、声に出すという点でアクセントやイントネーションなど発音の練習になります。そして、その声を再び自分の耳で聞くわけですからリスニングの練習にもなります。

この時点で、目と口と耳を使って練習していることになりますね。単純に考えれば3倍の経験値です。もっと言えば、読み上げる文章を紙に書きながら練習すると手も使うことになり4倍ですね。

最初は音読するというのは、ちょっと恥ずかしいですよね。私も初めはそうでした。小学生じゃないのに、そんなのできるかよって感じで。

でも実際にやってみると意外と楽しいんです。ちょっとしたストレス発散にもなります。カラオケとちょっと似ている点があると思います。

音読する材料は何でもいいです。学校の教科書でもいいし、市販の問題集の英文でも、参考書の長文でも。そして、これも集中して継続するということが大事です。毎日ちょっとずつでもいいので練習してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ